延命治療その2~人工栄養

延命治療の選択ふたたび

いつの間にか誤嚥性肺炎を起こしていたおばあちゃんが、低酸素血症で緊急入院。その時は、人工呼吸器を着ける延命治療について考えさせられました。

そこから強靭な生命力で回復し、人工呼吸器をつけずに済んだおばあちゃんでしたが、このたび新たに瀕した危機は、食事を取らない・取れないことによる栄養失調の危機。そして迫られたのが、人工栄養による延命治療をするかどうかの選択でした。

人工栄養は、鼻から胃へチューブを挿入して栄養を送る経鼻胃管栄養法、心臓に近い太い血管である中心静脈から血液中に栄養を投与する中心静脈カテーテル、そして胃ろうを造設する方法があります。胃ろうとは、胃壁と腹壁に小さな穴をあけて管(カテーテル)を取りつけて、外から直接、胃に栄養を注入する方法です。

さて、どうするか。

まず、延命治療をするかどうか。もし何らかの延命治療をするとして、全てにおいて「管」があり、認知症のおばあちゃんが引き抜こうとするのは目に見えています。実際これまでの入院履歴でも、様々ひき抜いてはミトンをはめられました。(事前に家族の了承を得られます)そんなことで大丈夫なのでしょうか。

また、夫はもともと、人は動物としてエサを摂れなくなったら御終いだとの考えを持っていました。食事を取れなくなった時は、すなわち寿命という事だと。それは、いつかの新聞記事にあった古来の人の寿命をさしています。その記事を読んだ時には、夫婦二人とも、自分たちはこれでいいね、チューブを付けて苦しい思いをしてまで生きていたくない、延命治療は要らないと子ども達にも言っておこう、と話したものでした。

が、「母のこと」となると、やはり、そう割りきれるものでは無かったようです。認知症が進み普通の会話も覚束ない状況ですが、それは入院前もそうでしたし、食事を取れないものの一見、生命の危機に瀕しているように見えないのです。

日によっては会話ができ、笑う事もある。それなのに、栄養が取れないからもういですとはとても言えない。

それが夫の出した結論でした。ただ、延命治療をするとして、経鼻胃管はいかにも苦しそうなイメージですし、中心静脈カテーテルは一番ひき抜き易そうで危険な感じです。何となく胃ろうが安全そうですが、90歳を過ぎて胃ろうを造るのはどうなのか。

つまり、全てが「わからない」のです。どの方法が良いのか、胃ろうの造設は90歳の高齢でも安全なのか、造った後の生活はどうなるのか、どちらにしても本人にとって幸せなのか。

夫はあくまでも家で面倒を見たいと思っていましたので、我が家の状況でそれができるのかどうか等々。

結局、「もういいとは言えない」という結論のみをもって、お医者様との面談の日を迎えました。

 

 

 


認知症患者が食事を取らない、取れないという事

食事を取らない、取れないという事について考える

我が家のおばあちゃんは実に好き嫌いのはっきりした人で、好きなものは食べるし気に入らないものは食べないという、食事に関しても我が道を行かれるタイプです。自宅でその様でしたので、病院から『食事を取られず困っています』と言われた時にも、『そうでしょうねえ、すみません』としか答えようがありませんでした。

認知症を発症する前であれば、さすがに入院中は観念して病院食でも食べたでしょうが、認知症となった今、食べなければならないという意識はありませんので、『なかなか口を開いてくれない、口に入れても吐き出される』というあり様です。せっかく食べさせてくださっている看護師さんに申し訳なくひたすら『すみません』とお詫びをし、『好きな物しか食べませんので取りあえず食べるものだけでもお願いします』と申し上げるしかありません。この時かろうじて食べていたのは、甘いゼリーなど甘くて口当たりの良いものだけでした。

しかし病院側としては、ゼリーしか食べないからと衰弱させるわけにはいきません。そのまま入院していればその急性期病院でも人工栄養の相談があったものと思われますが、ほどなくして転院となりました。

転院すると色々と検査をされます。前の病院からの紹介状や診断書と併せて、患者の状態を把握するためだと思われます。嚥下機能の検査も行われました。

結果は、肺炎が完治していないので予断を許さず、嚥下機能が低下しているため、口からの栄養摂取は誤嚥と肺炎悪化の恐れがあり危険であるということでした。食事を取れないため取りあえず点滴をしているものの、点滴は完全栄養ではなくそれだけでは不十分であること、そして今後の方針、つまり人工栄養にするかどうかを早めに相談して決めてくださいと言われました。

医療の発達していなかった遠い昔、病気をしても原因がわからず治療法もなく、人はやがて食事が取れなくなり最期は衰弱して亡くなっていった、と新聞の特集記事でで読んだことがあります。そしてそれは苦しまない静かな死であったと。確か延命治療に関する記事だったと思います。

現代は医学が進歩し、多くの病気は治療法を研究され、直すための治療が施され、人は長生きできるようになりました。そして何かしらチューブを付けてベッドに横たわっておられるお年寄りも多くなりました。

大切な家族に一日でも長く生きてほしいと願うのは当たり前のことで、手段があるのなら手を尽くすべきだとも思います。しかし、もし自分が寝たきりになり、辛うじて生かされているとしたら…。あまり想像したくありません…。

おばあちゃんは好き嫌いもありましたが、入院前からだんだん食が細くなっていました。嚥下機能の低下は老衰によるものだと言われました。つまり年齢と共に自然に衰えつつあるということです。

こののち人工栄養にするかを決める事は、延命するかどうかの選択を、再び迫られたという事でした。