尊厳死の願いと現実

義父母は日本尊厳死協会の会員だった

認知症が進んでから、おばあちゃんの日用品は嫁である私が、通帳などの貴重品は一人息子である夫が管理していました。

人工栄養による延命治療の選択を迫られる中、夫がある会員証を私に見せました。義父母が入会していた日本尊厳死協会の会員カードです。貴重品の中に保管されていたようです。

一緒に保管されていた『尊厳死の宣誓書(Living Will)』には、10年ほど前の日付で義父母の署名があります。それは義父が亡くなる少し前で、悪性リュウマチを患っていた義父が、恐らく、遠からず来ると感じていた最期の身の処し方を考えて入会されたのでしょう。誇り高い義父らしい事だと思いました。

宣誓書は次のようなものです。(抜粋)

①徒に死期を引き延ばすための延命措置を断ること。②ただし、麻薬などの副作用で死ぬ時期が早まったとしても、苦痛を和らげる処置は最大限に実施してほしいこと。③数か月以上にわたり、いわゆる植物状態に陥った時は、一切の生命維持措置をとりやめてほしい事。

署名捺印した宣誓書の原本は協会に保管され、代わりに送られてくるコピー2部のうち、1部は本人、もう1部を信頼できる親族などに保管してもらうよう記載されていました。

結局、義父は延命選択の余地なく急に亡くなってしまったのですが、おばあちゃんの宣誓書のコピーは2部とも封筒に入ったまま保管されており、この度初めて、じっくり読む事となったのです。

おばあちゃんの署名捺印もありますので、認知症になる前のおばあちゃんの意志であることに違いありません。となると、人工栄養による延命もお断り、ということでしょう。しかし、大切な家族が、食べられない事の他は今まで通りに見える場合、人工栄養を断るのはなかなか難しいことです。この署名を見ても、夫は延命を断る決断はできませんでした。

実際のところ日本では、この『宣誓書』に署名していたとしても、それに基づいて医師が患者を死に至らしめることは法律で認められておらず、また家族に反対されることも多いため、本人の強い意志が確認できないかぎり、医師は延命措置を取るようです。法律で認められていないのであれば当然でしょう。

しかし、急病や事故で突然、本人の意思を確認しないまま延命治療の選択を迫られる場合は別として、長患いや老衰で先のことを考える時間の余裕があり、本人が望むのであれば、できるだけその意思は尊重される方が良いとも思います。ところが実際にはその実現が難しいため、宣誓書の1部を信頼できる親族に渡すよう記載があるのでしょう。つまり、その意志を第三者にしっかりと伝えて、お願いしておく必要があるという事だと思います。

延命治療をするかどうかは、家族にとって非常に重い選択です。たとえ法的に力が無いとしても宣誓書に署名があれば、本人が尊厳死を望んでいるとの証になります。「延命治療をしない」という、より重い選択をする家族の心の負担を、いくらか軽くするに違いありません。

結局のところ、延命するかどうかは、家族に委ねられます。元気なうちに、たびたび話し合って、自分の意志をしっかり伝えておくことが大切であるようです。

 

 

 

 

 


延命治療その2~人工栄養

延命治療の選択ふたたび

いつの間にか誤嚥性肺炎を起こしていたおばあちゃんが、低酸素血症で緊急入院。その時は、人工呼吸器を着ける延命治療について考えさせられました。

そこから強靭な生命力で回復し、人工呼吸器をつけずに済んだおばあちゃんでしたが、このたび新たに瀕した危機は、食事を取らない・取れないことによる栄養失調の危機。そして迫られたのが、人工栄養による延命治療をするかどうかの選択でした。

人工栄養は、鼻から胃へチューブを挿入して栄養を送る経鼻胃管栄養法、心臓に近い太い血管である中心静脈から血液中に栄養を投与する中心静脈カテーテル、そして胃ろうを造設する方法があります。胃ろうとは、胃壁と腹壁に小さな穴をあけて管(カテーテル)を取りつけて、外から直接、胃に栄養を注入する方法です。

さて、どうするか。

まず、延命治療をするかどうか。もし何らかの延命治療をするとして、全てにおいて「管」があり、認知症のおばあちゃんが引き抜こうとするのは目に見えています。実際これまでの入院履歴でも、様々ひき抜いてはミトンをはめられました。(事前に家族の了承を得られます)そんなことで大丈夫なのでしょうか。

また、夫はもともと、人は動物としてエサを摂れなくなったら御終いだとの考えを持っていました。食事を取れなくなった時は、すなわち寿命という事だと。それは、いつかの新聞記事にあった古来の人の寿命をさしています。その記事を読んだ時には、夫婦二人とも、自分たちはこれでいいね、チューブを付けて苦しい思いをしてまで生きていたくない、延命治療は要らないと子ども達にも言っておこう、と話したものでした。

が、「母のこと」となると、やはり、そう割りきれるものでは無かったようです。認知症が進み普通の会話も覚束ない状況ですが、それは入院前もそうでしたし、食事を取れないものの一見、生命の危機に瀕しているように見えないのです。

日によっては会話ができ、笑う事もある。それなのに、栄養が取れないからもういですとはとても言えない。

それが夫の出した結論でした。ただ、延命治療をするとして、経鼻胃管はいかにも苦しそうなイメージですし、中心静脈カテーテルは一番ひき抜き易そうで危険な感じです。何となく胃ろうが安全そうですが、90歳を過ぎて胃ろうを造るのはどうなのか。

つまり、全てが「わからない」のです。どの方法が良いのか、胃ろうの造設は90歳の高齢でも安全なのか、造った後の生活はどうなるのか、どちらにしても本人にとって幸せなのか。

夫はあくまでも家で面倒を見たいと思っていましたので、我が家の状況でそれができるのかどうか等々。

結局、「もういいとは言えない」という結論のみをもって、お医者様との面談の日を迎えました。