認知症患者が食事を取らない、取れないという事

食事を取らない、取れないという事について考える

我が家のおばあちゃんは実に好き嫌いのはっきりした人で、好きなものは食べるし気に入らないものは食べないという、食事に関しても我が道を行かれるタイプです。自宅でその様でしたので、病院から『食事を取られず困っています』と言われた時にも、『そうでしょうねえ、すみません』としか答えようがありませんでした。

認知症を発症する前であれば、さすがに入院中は観念して病院食でも食べたでしょうが、認知症となった今、食べなければならないという意識はありませんので、『なかなか口を開いてくれない、口に入れても吐き出される』というあり様です。せっかく食べさせてくださっている看護師さんに申し訳なくひたすら『すみません』とお詫びをし、『好きな物しか食べませんので取りあえず食べるものだけでもお願いします』と申し上げるしかありません。この時かろうじて食べていたのは、甘いゼリーなど甘くて口当たりの良いものだけでした。

しかし病院側としては、ゼリーしか食べないからと衰弱させるわけにはいきません。そのまま入院していればその急性期病院でも人工栄養の相談があったものと思われますが、ほどなくして転院となりました。

転院すると色々と検査をされます。前の病院からの紹介状や診断書と併せて、患者の状態を把握するためだと思われます。嚥下機能の検査も行われました。

結果は、肺炎が完治していないので予断を許さず、嚥下機能が低下しているため、口からの栄養摂取は誤嚥と肺炎悪化の恐れがあり危険であるということでした。食事を取れないため取りあえず点滴をしているものの、点滴は完全栄養ではなくそれだけでは不十分であること、そして今後の方針、つまり人工栄養にするかどうかを早めに相談して決めてくださいと言われました。

医療の発達していなかった遠い昔、病気をしても原因がわからず治療法もなく、人はやがて食事が取れなくなり最期は衰弱して亡くなっていった、と新聞の特集記事でで読んだことがあります。そしてそれは苦しまない静かな死であったと。確か延命治療に関する記事だったと思います。

現代は医学が進歩し、多くの病気は治療法を研究され、直すための治療が施され、人は長生きできるようになりました。そして何かしらチューブを付けてベッドに横たわっておられるお年寄りも多くなりました。

大切な家族に一日でも長く生きてほしいと願うのは当たり前のことで、手段があるのなら手を尽くすべきだとも思います。しかし、もし自分が寝たきりになり、辛うじて生かされているとしたら…。あまり想像したくありません…。

おばあちゃんは好き嫌いもありましたが、入院前からだんだん食が細くなっていました。嚥下機能の低下は老衰によるものだと言われました。つまり年齢と共に自然に衰えつつあるということです。

こののち人工栄養にするかを決める事は、延命するかどうかの選択を、再び迫られたという事でした。

 


認知症患者のリハビリ転院

二度目のリハビリ転院

呼吸困難により低酸素血症を起こし一時は危篤状態に陥ったおばあちゃんでしたが、持ち前の生命力で危機を脱し、呼吸も普通に自力でできるようになりました。肺炎の症状も落ち着いてきましたので、そうなると急性期病院からは出なくてはなりません。

入院からずっとベッドで寝ていましたので、そのまま退院となると寝たきりです。せめて立てるようになってから退院してほしいと、リハビリできる病院に転院させてもらうことにしました。

せめて立てるように・・・というのは、トイレの手すりに掴まって立てるようにという事です。寝たきりになり、ベッド上で下のお世話をする苦労は既に経験済みです。せめて車椅子でトイレに移動し、トイレで用を済ませて立ち上がってもらえれば、その場でお世話ができて本当に楽なのです。布団を汚すこともなく、洗濯その他の労働を激減させることができます。

前回のリハビリ入院では、介助すれば歩けるようになるまで回復していただきましたが、リハビリを拒否することも多く、認知症が悪化してしまったという経緯があります。しかし、認知症は既にこれ以上悪化できない段階に達していますので、悪化の心配は必要ないとして、とりあえず前回とは違う病院に転院をお願いしようと決めました。

リハビリの効果が期待できるかといえば疑問符がつきましたが、退院が伸びただけでも正直ひと安心しました。寝たきりの認知症患者さんを自宅で介護するのは本当に大変なことです。入院前、おばあちゃんは寝たきりを脱していたとは言え、介護に苦労していました。その介護が入院により一旦中断すると、寝たきり介護を再開するにはかなりの勇気が要ります。考えただけでも気持ちが滅入りました。

夫の母親なので決断は夫に任せましたが、入院前の介護の苦労を見ていた夫が、大変だからと転院を決めてくれたことは有り難い事でした。


見えない誤嚥性肺炎

気がつかなかった肺炎~熱が出ない!

突然の呼吸困難により、低酸素血症を発症して入院したおばあちゃんですが、そもそも何故、呼吸困難を起こしたのか。

おばあちゃんは、誤嚥性肺炎を起こしていたのです。

誤嚥性肺炎は、誤嚥によって気管に入った食べ物や唾液と共に細菌が入り、肺が炎症を起こして発症します。嚥下機能が低下してる高齢者を介護する者にとって、最も警戒する病気です。

飲み込みやすいよう調理する、食べる時、飲む時の姿勢などに注意を払うなど、介助時にできる努力はしていたつもりでしたが、予防には限界がありました。この様な事態になってから、お医者様に聞いたりあれこれ調べたりして知ったのですが、誤嚥性肺炎の一番の原因は、睡眠中の唾液の誤嚥だそうです。睡眠中の唾液を管理するのは不可能で、お手上げです。

そうなると後は、口内の細菌をできるだけ少なくするよう、口腔ケアに注意するしかなさそうです。

完璧な予防は難しいとして、ではなぜ、肺炎を起こしていることに気が付かなかったのか。

それは、おばあちゃんに普段の様子と大きな変化がなく、何より熱が出なかったからです。ふつう肺炎を起こすと病気と闘うために発熱しますが、高齢者には闘う体力が無く発熱できないのだと、お医者さまから説明を受けました。

では普段の様子との変化があったかといえば、食欲は普段からムラがありますし、眠っていることも多く、食事中にむせることも時々ありますので、変化には見えませんでした。むせて心配はしても、熱が出ていなければ大丈夫ではないかと、素人の私たちは油断してしまいました。

月に一度、糖尿病で診察を受けていることも安心材料でしたが、考えてみれば、ひと月の間に発症することも大いに可能性がありました。ちょうど検診に行こうと思っていた日の朝、急にゼロゼロと痰が絡みだし呼吸困難を起こしたのも、そのひと月の間に悪くなったという事でしょう。

呼吸困難を起こして救急病院に運ばれた時にはそれでも発熱していましたが、手当により翌日には下がりました。その後お医者様から誤嚥性肺炎は繰り返し易いことなどの説明を受け、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性の低い治療を選んでいくこと重要だということが分かりました。