延命治療をするという事~人工呼吸

延命治療その1~人工呼吸

朝からの突然の呼吸困難で病院に運ばれたおばあちゃんは、既に低酸素血症で危険な状態に陥っていました。お医者様から「見た目よりずっと危険な状態で、このままの状態であれば今夜が山です」との説明を受け、回復しなかった場合の治療法、つまり延命治療をするかどうか「早急に考えておいてください」と言われてしまいました。

近ごろは食欲が落ち、多少の衰弱は見られたものの、素人目には、直ちに命に係わる状態に見えませんでしたので、この急すぎる展開に、夫も私も戸惑いました。

その時点でおばあちゃんは100パーセント濃度の酸素を吸入していましたので、それで回復しなければ、それ以上酸素を取り入れることができず、生命を維持する事ができません。

人工呼吸は、口や鼻からチューブを入れる気管挿管と、喉に穴を開けてチューブを入れる気管切開があり、気管挿管は抜去事故や肺炎を起こす危険があるため、長期に及ぶ場合は気管切開を行うとのことでした。

平均寿命も迎えていない比較的若い人が、病気や事故で一時的に呼吸困難を起こした場合や、、多少長引いたとしても回復の見込みがある場合は、躊躇することなく気管切開してもらい体力の回復を待つでしょう。

認知症のおばあちゃんの場合、チューブを引き抜こうとするのは確実で、すでに肺炎も起こしていたため、気管切開するしかないというのが先生の見解でした。そして、気管切開したとしても、そこからまた抜こうとする可能性があるため投薬で意識をぼんやりさせる事になるとも言われました。つまり、おばあちゃんにとって人工呼吸器をつける事は、本当に、延命以外の何物でもないということです。

おばあちゃんは、夫の母親ですので、決断は夫に任せました。

そこまでして延命するのは本人にとって苦痛でしかないので、延命はしません。

それが夫の出した結論でした。

そんな覚悟を決めさせられたその日、夕方には容体が比較的落ち着いてきたので取りあえず帰宅し、夜中に電話が鳴らないことを祈りつつ休みました。

翌日、朝から病院に出向いた夫が目にしたのは、ベッドに横たわったまま看護師さんに悪態をつくおばあちゃんの姿でした。おばあちゃんは一晩で山を越え、すっかり元気を取り戻していたのです。前日の、あの覚悟は一体・・・。

さすがの生命力に感服し、まずは一安心。とりあえず人工呼吸器をつける必要はなくなりました。


呼吸困難からの入院~低酸素血症

突然の呼吸困難

我が家のおばあちゃんは糖尿病ですので、月に一度健診を受け、薬を処方して頂きます。

その日は、ちょうど病院に行く予定の日でした。

朝、起きた時から何だか呼吸がいつもと違います。痰が絡んだようなゼロゼロという音がして苦しそうです。食事が取れない状況で顔色も悪く、素人の目にも危険な状態に見えましたので、とにかく早急に痰を除去してもらい、呼吸できるようにする必要があると思いました。

幸い自宅の隣が病院なので、まだ診療前の時間でしたが先に受付に行き、症状をお話しして痰の吸引をお願いしてから、夫と共におばあちゃんを連れて行きました。

糖尿病の専門医からお隣の内科医にかかりつけ医を変えてから数か月が経っていましたので、普段のおばあちゃんの様子は既にご存知でした。診察室に入り顔色や表情が違うのを見て、動脈血中の酸素を測定されました。すると既に低酸素血症を起こしており、すぐに入院が必要とのことで救急車が呼ばれました。

低酸素血症とは、動脈血中の酸素が不足した状態の事です。酸素分圧の正常値が88±7mmHgのところ、おばあちゃんは70程に下がっていました。救急の医療センターに運ばれた後、お医者様から、見た目以上に非常に危険な状態であるとの説明を受けました。

はじめは酸素マスクによる吸入をしていたのですが、なにしろ認知症ですので、すぐにマスクを外してしまうため、鼻にチューブを着けての吸入です。その時点で100パーセントの酸素濃度で吸引をしているので、それで回復しなければ、後は人工呼吸しかないとの説明でした。

おばあちゃんの症状、年齢で人工呼吸をするかどうかは、すなわち延命治療をするかどうかの選択でもあります。その説明もされた上で、早めに決めてくださいと言われました。

朝からの異常で病院に連れて行き、救急車で運ばれ、今夜が山ですと言われ、息子である夫は少なからずショックを受けていたようです。私にとっても、とてもとても長い一日でした。

お年寄りは、そうして容体が急変する事がよくあるようです。

 

 


認知症介護~精神安定剤の功罪

精神安定剤は介護者の精神安定薬

認知症で糖尿病のおばちゃんが服用している数々の薬の中で、最も欠かせないものは精神安定剤です。

同居する前から服用していたのがD錠。心を落ち着かせ睡眠に導く薬として処方されています。最近得た情報によると、この薬は常用していると効き辛くなってくるようで、我が家のおばあちゃんも次第に量が増えていき、入院する前には、処方できるMAX量を服用していました。退院後は、一番少ない量での処方となりました。

認知症が進んでからの退院後、身体的な介護が増えましたが、徘徊の心配は殆どなくなり、「我がまま」も減りました。しかし一方で妄想・幻覚が増え、妄想の内容によっては攻撃的になることも増えてきました。

妄想は、あくまでも「妄想」です。介護者に何の落ち度がない場合でも攻撃されますので、よほどの精神修行を積んだ人でもない限り、平常心を保って対処するのはなかなか難しい事です。それが頻繁に起こるようになると、もうお手上げです。主治医の先生に相談して、精神安定剤を処方していただけないものかと相談することになるのです。凡人である私も例にもれず相談しました。すぐに処方してくださり、一安心して、早速翌日から服用を始めました。

お年寄りは、新しい薬を服用すると、一時的に身体の調子が悪くなることがあるようです。退院後、D錠を再開した時にも少し身体の動きが悪くなり心配しましたが、以前飲んでいたお薬なので大丈夫だろうとそのまま続けて服用し、程なく通常に戻りました。

今回のお薬は、認知症の同じような症状の人に処方される安定剤でしたが、D錠より強力だったようです。服用を始めたとたんに身体全体の動きが悪くなり、うつむくとよだれまで落ちる状況に陥りました。すぐに副作用だとわかりました。明らかに、今まで経験した副作用より悪い状態です。さすがにこのまま飲ませ続けるのは危険だと思い、服用を止めました。

最近たまたま新聞で目にした記事に、この薬についての記事が載っていました。

母親を介護していた方のお話でしたが、施設に入所されていた時にこの薬を服用されていたそうです。恐らく介護施設や病院でも、一般的に処方される薬なのでしょう。多人数で生活する場に於いて、それは致し方ない事だと思います。ただ、副作用に関して私が感じたことは実際に起こるようで、その方は、その副作用で、多少なりとも母親の命を縮めてしまったのではないかという後悔の念を持たれていたのでした。

この薬はひと月分処方されていましたので、当然余っています。服用は止めましたが、保管してあります。危険と判断した薬を捨てられずにいるのは、介護者にとって精神安定剤が最後の頼みの綱のような存在だからです。

介護していて一番大変だと思うのは、理由もなく責められ攻撃される時です。一生懸命お世話をしているのにと、悲しくなったり腹が立ったりと、恐らく介護者皆さんが感じられることだと思います。

感情のコントロールができなくなったり、妄想に取りつかれるのが、認知症という脳の病気に起因している事実を考えれば、薬を処方していただくことに罪悪感を持つ必要はないと思います。身体的な副作用は多少伴うようですので、本当に必要だと判断した時に飲んでもらうという形で良いのではないかと思います。

介護者の精神的安定のためにも、精神安定剤は必要なのです。上手に利用して、介護の助けになれば良いのではないかと思います。