見えない誤嚥性肺炎

気がつかなかった肺炎~熱が出ない!

突然の呼吸困難により、低酸素血症を発症して入院したおばあちゃんですが、そもそも何故、呼吸困難を起こしたのか。

おばあちゃんは、誤嚥性肺炎を起こしていたのです。

誤嚥性肺炎は、誤嚥によって気管に入った食べ物や唾液と共に細菌が入り、肺が炎症を起こして発症します。嚥下機能が低下してる高齢者を介護する者にとって、最も警戒する病気です。

飲み込みやすいよう調理する、食べる時、飲む時の姿勢などに注意を払うなど、介助時にできる努力はしていたつもりでしたが、予防には限界がありました。この様な事態になってから、お医者様に聞いたりあれこれ調べたりして知ったのですが、誤嚥性肺炎の一番の原因は、睡眠中の唾液の誤嚥だそうです。睡眠中の唾液を管理するのは不可能で、お手上げです。

そうなると後は、口内の細菌をできるだけ少なくするよう、口腔ケアに注意するしかなさそうです。

完璧な予防は難しいとして、ではなぜ、肺炎を起こしていることに気が付かなかったのか。

それは、おばあちゃんに普段の様子と大きな変化がなく、何より熱が出なかったからです。ふつう肺炎を起こすと病気と闘うために発熱しますが、高齢者には闘う体力が無く発熱できないのだと、お医者さまから説明を受けました。

では普段の様子との変化があったかといえば、食欲は普段からムラがありますし、眠っていることも多く、食事中にむせることも時々ありますので、変化には見えませんでした。むせて心配はしても、熱が出ていなければ大丈夫ではないかと、素人の私たちは油断してしまいました。

月に一度、糖尿病で診察を受けていることも安心材料でしたが、考えてみれば、ひと月の間に発症することも大いに可能性がありました。ちょうど検診に行こうと思っていた日の朝、急にゼロゼロと痰が絡みだし呼吸困難を起こしたのも、そのひと月の間に悪くなったという事でしょう。

呼吸困難を起こして救急病院に運ばれた時にはそれでも発熱していましたが、手当により翌日には下がりました。その後お医者様から誤嚥性肺炎は繰り返し易いことなどの説明を受け、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性の低い治療を選んでいくこと重要だということが分かりました。

 


延命治療をするという事~人工呼吸

延命治療その1~人工呼吸

朝からの突然の呼吸困難で病院に運ばれたおばあちゃんは、既に低酸素血症で危険な状態に陥っていました。お医者様から「見た目よりずっと危険な状態で、このままの状態であれば今夜が山です」との説明を受け、回復しなかった場合の治療法、つまり延命治療をするかどうか「早急に考えておいてください」と言われてしまいました。

近ごろは食欲が落ち、多少の衰弱は見られたものの、素人目には、直ちに命に係わる状態に見えませんでしたので、この急すぎる展開に、夫も私も戸惑いました。

その時点でおばあちゃんは100パーセント濃度の酸素を吸入していましたので、それで回復しなければ、それ以上酸素を取り入れることができず、生命を維持する事ができません。

人工呼吸は、口や鼻からチューブを入れる気管挿管と、喉に穴を開けてチューブを入れる気管切開があり、気管挿管は抜去事故や肺炎を起こす危険があるため、長期に及ぶ場合は気管切開を行うとのことでした。

平均寿命も迎えていない比較的若い人が、病気や事故で一時的に呼吸困難を起こした場合や、、多少長引いたとしても回復の見込みがある場合は、躊躇することなく気管切開してもらい体力の回復を待つでしょう。

認知症のおばあちゃんの場合、チューブを引き抜こうとするのは確実で、すでに肺炎も起こしていたため、気管切開するしかないというのが先生の見解でした。そして、気管切開したとしても、そこからまた抜こうとする可能性があるため投薬で意識をぼんやりさせる事になるとも言われました。つまり、おばあちゃんにとって人工呼吸器をつける事は、本当に、延命以外の何物でもないということです。

おばあちゃんは、夫の母親ですので、決断は夫に任せました。

そこまでして延命するのは本人にとって苦痛でしかないので、延命はしません。

それが夫の出した結論でした。

そんな覚悟を決めさせられたその日、夕方には容体が比較的落ち着いてきたので取りあえず帰宅し、夜中に電話が鳴らないことを祈りつつ休みました。

翌日、朝から病院に出向いた夫が目にしたのは、ベッドに横たわったまま看護師さんに悪態をつくおばあちゃんの姿でした。おばあちゃんは一晩で山を越え、すっかり元気を取り戻していたのです。前日の、あの覚悟は一体・・・。

さすがの生命力に感服し、まずは一安心。とりあえず人工呼吸器をつける必要はなくなりました。