認知症介護~「頻尿の薬」と「かゆみ止めの薬」の効果は?

「頻尿の薬」と「かゆみ止めの薬」

 

三か月の入院生活で認知症が進んだおばあちゃんは、以前にも増して思い込みや妄想が強くなりました。以前からトイレが近い方でしたが、退院後さらに頻繁にトイレに行きたいと訴えるようになりました。

五分前に用を足しても、すぐにまた行きたいと言います。そんな時は無駄足であることが多いのですが、次は大きい方かもしれませんので一応連れていかなければなりません。五分前の事は忘れていますので「さっき行きましたよ」と言っても不機嫌になるだけです。「寝る前に一応トイレに行っておく」という習慣を覚えていて、ベッドに連れて行ったあと2・3回これを繰り返すこともあります。行ったことを忘れていますので仕方ありません。

尿意を感じる脳のシステムがおかしくなっているのか、起きている間中ずっと五分おきに「トイレに行きたい」と呼ばれることがあり、そんな日にはぐったり疲れてしまいます。そんな事が次第に多くなり、さすがにどうにかならないものかと、糖尿病の主治医の先生に相談しました。

とても丁寧に診てくださる親切な先生でしたので、頻尿に効く薬を飲んでみましょうかと処方してくださいました。しかし残念なことに効果は無く、ひと月の処方で改善は諦めました。結局のところ、膀胱の問題ではなく脳の問題なのでしょう。五分おきのトイレコールに対しては、体力と気力に余裕のある時は極力つきあい、とても疲れている時は様子を見て時々聞こえなかったことにして対処する事にしました。(おばあちゃん、ごめんなさいね)

頻尿と並んでもう一つ、悩まされているのが「痒み」の訴えです。

デイサービスでお風呂に入れてもらうのですが、帰ってから「背中が痒い」と頻繁に訴えるようになりました。しかも、昼間のことは既に忘れていますので「何日も風呂に入ってないから痒い」「なんで風呂に入れてもらえないんだ」と怒り出すことすらあります。

お風呂に入って肌が乾燥するのかもしれないと、入浴後に保湿ローションを塗ってもらうようにしましたが効果がありません。仕方がないので、訴えがひどい時は市販のかゆみ止めを背中に塗ります。刺激のあるタイプの塗り薬はスース―として気持ちが良いらしいのですが、たっぷり塗っているとこちらの目がチカチカしてきます。こんなに塗って大丈夫だろうかと心配になりながらも、おばあちゃんの満足第一でとりあえず塗ります。

湿疹やかぶれ・虫刺されもないのですが、痒みが妄想に発展し、寝室に虫がいっぱいいると言い始めました。さすがに参り、再び主治医の先生に相談して、かゆみ止めの頓服薬を処方していただきました。

これは効果を発揮しました。その後も時々痒みの訴えはあったものの頻度は激減し、デイサービスでも落ち着いて過ごすようになったとの報告がありました。

不要な薬はなるべく飲まない方が良いとは思いますが、このかゆみ止めは必需品となりました。


認知症介護~高齢者の問診と薬の処方の危険な関係

高齢者の問診の危うさを知る

夫の両親と同居を始めた時、義父母は実に多くの薬を服用していました。義父は悪性リューマチ、義母は糖尿病という病を持っていましたので仕方のないことでしたが、健康オタク的実家の母の影響で薬と無縁の生活を送っている者にとっては、驚くばかりの薬の山でした。糖尿病の薬は致し方ないとしても、便秘と睡眠関係の薬が合わせて5種類もあることには一種のカルチャーショックを感じた程です。こんなに飲んで大丈夫なのだろうか、飲む必要があるのだろうかと、本当に驚きました。

その頃の義父母はそれぞれ一人で病院を受診していましたが、義父の他界後、義母の認知症が疑われ始めた頃からは受診に付き添うようになりました。

初めはお医者様とのやり取りを義母の背後で聞いていたのですが、そのやり取りに事実と異なる内容が時々入ることに気が付きました。説明がうまく伝わらなかったり、思い込みであったり、極端な希望だったり・・・。そして、あの5種類の薬の原因がどうやらこの怪しい問診にあったことがわかりました。

義母は多くの女性悩みにもれず便秘症というか腸に不具合を持っているようで、受診の度に色々と訴えていたようです。そこで軟便にする薬などが処方され、一緒にビオフェルミンが処方されていた時もありました。その時は、合わせて6種類飲んでいたということです。

また、夜、眠れないという訴えも毎回していたようです。若い頃から睡眠導入剤を服用していたらしく効き目が悪くなっており、どんどん処方される量が増えていきました。しまいには先生から、もうこれ以上は飲めませんと言われてなお、もっと出して欲しいと訴えていました。

因みに、何か精神的な疾患があるわけではありません。お布団に入ったらすぐに入眠したいという単なる希望です。

そんな風でしたので、義母の耳が遠い事をよいことに申し訳ないことでしたが、時々こっそりと後ろから先生に小声で口を挟むようになりました。そのうち徐々に受診時のやり取りは嫁の役目となっていきました。

睡眠の薬は結局そのまま入院まで飲み続けていましたが、便秘薬のほうは、同居して野菜中心の粗食が効いたようでしたので徐々に減らし、その後処方していただく必要はなくなりました。

義母は若い頃看護師をしていました。その為か薬に対する信頼が厚かったようです。実際に薬のお陰で人類は様々な病疫から救われているのですが、全く副作用のない薬は無いと聞いたこともあります。過剰な薬は飲まないに越したことはなく、その危険をはらむ問診には早めに付き添って、大切な家族の健康を守りたいものだと思います。

病院の受診ひとつにしても、高く齢を重ねた家族に敬意をはらいつつ、少しずつ寄り添って手助けをしていく必要が出てくるのだと思います。

 

 


認知症介護~認知症患者のかかりつけ医選び2

認知症患者が外来で病院へ行くという事

我が家のおばあちゃんは糖尿病ですので、月に一度病院で受診し、薬とインスリンを処方してもらわないといけません。引っ越してきて数年は総合病院に通っていましたが、長い待ち時間が体力的に厳しくなり、糖尿病の専門医にかかりつけ医を変更しました。

この専門医の個人病院は比較的新しい病院で、小さいながら設備が整っていました。小ぢんまりとしていますので、待合室から診察室、トイレにも近く、三つもあるトイレは車椅子対応の広さで自動ドアになっています。介添えで一緒に入っても十分な広さですので、検尿の介添えも楽にできます。利用したことはありませんでしたがジムのような体操室があり、生活習慣病予防のプログラムなども行われているようでした。

この病院に通い始めた頃、おばあちゃんの認知症はまだ軽く、普通に待合室で順番を待つことができていました。総合病院より待合室も快適で、頻繁にトイレに行きたがるおばあちゃんにとってはトイレが近くて便利でした。(この頃はトイレも一人で行っていたのだなあ・・と、今しみじみ思い出されます。)

しばらく通ううちに、おばあちゃんは軽いくも膜下出血を起こして入院することになりました。この後、約三か月の入院ののち退院しましたが、身体能力が低下し認知症も進み、要介護度は2から4に上がっていました。それでも身体を支えて歩けるようにまで回復しましたので、月に一度の通院はできました。待合室でかろうじて待つこともできましたが、調子が悪い時はベッドを貸してくださいました。

更に悪くなったのはこの数か月後、圧迫骨折により寝たきりとなってからです。しかしこの時も我が家のおばあちゃんは驚異の回復を見せ、ひと月の寝たきり後、徐々に回復し、支えれば歩けるようになりました。この時は、リクライニングできる車椅子をレンタルしており、その車椅子に乗せて受診しました。待合室でも、車椅子に寝たまま待っていられるので非常に重宝しました。ひと月ごとの受診ですので、先生や看護師さんには行く度に回復している印象だったようです。ただ、自宅でも横になっていることが多くなりましたので、待合室で待つことが難しくなり、必ずベッドを貸していただくようになりました。

身体的には回復していきましたが、認知症の方は残念ながら進んでいきました。妄想に取りつかれている日もあれば攻撃的な日もあります。認知症というものは、感情をコントロールするという作業を脳がやめてしまうようです。

受診すると血圧測定と血液検査がありますが、この検査を拒否したり、ひどい時には看護師さんに暴言や暴力をふるおうとしたりするようになりました。診察までの時間が待てなくなり、「家に帰る」と言い出しては暴言、一人では歩けないのにベッドから降りようとしたりと、先生も見かねて先に診てくださったこともありました。

まず、家から病院に連れ出すまでにも拒否され、ひと苦労していました。そうしてやっとたどり着いた病院でもその有様です。看護師さんや先生にもご迷惑をかけ、付き添いとしてもさすがに限界で、再びかかりつけ医を変えることにしました。

認知症が進んだ患者さんを外来に連れて行くのは本当に大変です。診察の順番を待つことが難しいのです。我が家は有り難い事に、家の隣が開業医です。好き嫌いの多いおばあちゃんの意向で別の病院に通っていましたが、今となってはもうその「好き嫌い」を忘れたらしく、すんなりと受診してくれました。お隣なので待合の空いた時に車椅子を押して連れていき、診察が終わるとすぐ夫に連れて帰ってもらいます。今までの苦労は何だったのかと思うほど楽になりました。

総合病院が安心、糖尿病の専門の方が良いと、以前は病気治療を中心に病院を決めていました。それは当然で大切な事なのですが、認知症の患者さんを通院させるには、受診の順番まで「待てる病院」であることがとても重要であることがわかりました。